高槻市 車のキズを放っておくリスク | 板金塗装 高槻市 カーベル大阪高槻店 マス星自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 車のキズを放っておくリスク | 板金塗装 高槻市

車のキズを放っておくリスク | 板金塗装 高槻市

 車のキズを放っておくリスクについて

車についたキズを放っておくと、どうなってしまうかご存知でしょうか。

「小さいキズだから、そのままでもいいか。」そんな風に思っていませんか?小さなキズでも、放っておくと車に大きなダメージを与えることがあります。

キズついたボディをそのままにしておくと、ボディー表面の撥水・親水効果日に日に落ちてきます。さらにそのまま放置し続けると、クリアコートや塗装の剥がれにつながります。 塗装面が剥がれてしまうと、劣化が進行してサビや腐食の原因になります。見た目が悪くなるだけでなく、車本来の保護機能を発揮できなくなってしまいます。

しかし、「どんなキズでも修理に出さないといけないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますので、今回はそれほど気にしないでも大丈夫な車のキズと、放置は厳禁なキズについてご紹介いたします。

 気にしないで良い車のキズは?

気にしないで良い車のキズは、どんなものがあるでしょうか?

結論から申し上げますと、バンパーについたキズです。

現在の日本車はバンパーに樹脂製のものを使用しています。以前は金属製のものが主流の時代もありましたが、1990年頃に樹脂製への転換が始まりました。バンパーはキズが付いたとしても樹脂製なのでボディ本体に深刻なダメージを及ぼすことはありません。なので、バンパーについたキズは例外的に気にしなくても大丈夫なんです。

気にしなくても良いキズといっても、見た目や価値的にはマイナスなので、再塗装されることをおススメいたします。

 小さなキズ放置しておくのは危険

小さなキズだからといって、放置しておくのは危険です。

バンパー以外の箇所はほとんどが金属でできており、塗装することによってボディを紫外線や酸化などによる劣化から守っています。キズによって塗装が剥がれるとその部分から酸化が始まったり、雨などの水分が入り込んだりしてサビを発生させ、ボディそのものにダメージを与えてしまうんです。

冒頭でもお伝えしましたが、小さなキズでも、サビが広がり腐食が起こることがあります。場合によってはパーツの交換が必要になることもあるので、ドアやボンネットなどのボディについた傷はたとえ目立たない小さなものであっても気にしないで放置するのは危険です。

ボディについたキズは、小さなキズだからと放っておかず、修理に出すことが大切です。

 車のキズは予防することが大切

小さなキズがボディにダメージを与えないよう、車のキズを予防することが大切です。
予防策として、2つご紹介いたします。

【1.ガラスコーティングをする】

ガラスコーティングは、車の塗装を剥がれにくくします。見た目だけをよくするイメージもあるかと思いますが、それだけではなく、飛び石や紫外線からボディを守ります。また、水もはじくことができるため、水垢がつくのも防止することができます。

【2.正しい洗車を行う】

正しい洗車を行うことで、キズを防止することができます。逆に間違った洗車をしてしまうと、ボディをキズつけてしまうことがあるので注意が必要です。

まず最初に水洗いを行い、足回りから洗車していきます。水はたっぷり使用し、足回りの汚れをしっかりと落としたら上から下へ洗います。その次はシャンプーです。シャンプーはバケツの中でしっかりと泡立ててから、優しく洗うようにします。

シャンプーが終わったらしっかりとすすぎます。すすぎ残しはシミの原因になるので注意が必要です。最後に水が自然に乾かないうちに拭き取ります。素早く拭き取ることで水垢を防ぐことができます。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  高槻市でお車のことならカーベル大阪高槻店 マス星自動車

高槻市にあるマス星自動車は、創業50年を超える「近くて、頼れる」街の車屋さん。新車販売・車検・板金塗装・タイヤ交換やバッテリー交換など、車に関することなら何でもお任せください。他社よりお安く高品質なサービスのご提供。国産車はもちろん、ベンツ・BMW・アウディなど輸入車もOK。国の認可を受けた整備工場なので、エーミング(特定整備)の対応も可能です。

TEL:072-671-2345

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

お問合せフォームはこちら

カートに
入れる
気になる
お電話
お問合せ
お見積り