画像
タイヤ基礎知識 ランフラットタイヤ

  • HOME
  • 車検
  • タイヤ基礎知識 ランフラットタイヤ

title

タイヤ基礎知識 ランフラットタイヤについて

ランフラットタイヤの構造とは

 ランフラットタイヤの構造とは

ランフラットタイヤは、
空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤです。
安全性の向上と、スペアタイヤ不要化による省資源・軽量化といった環境性能の向上を同時に実現できることから、さまざまな車種に採用されています。

1. 空気圧0(ゼロ)でも走行可能で安全性向上。
走行中、完全なパンク状態(空気圧ゼロ)になっても、所定の速度で一定の距離の走行が可能です。
2. スペアタイヤ不要で車内空間にゆとりと、省資源・燃費性能向上に貢献。
スペアタイヤが不要になるため、車内空間にゆとりがうまれ車体の軽量化を実現。
省資源や軽量化による燃費性能など環境性能が向上します。
3. サイド補強式で万が一の時も安定して走行ができます。
ハイドロプレーニング性能や雪上性能、コーナリング性能、耐摩耗性向上など高性能化を実現。また、乗り心地の向上にも寄与しています。

車検の他のページ
















Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!